↓↓手続きはコチラから!↓↓
 300×250
プロミス申込サイトに移動後は、(入力内容がリセットされる可能性があるため)
20分以内にお申し込みを完了してください。

返済次第で個人の信用力が決まる

消費者金融のトラブルのほとんどは、返済に関するものです。
数日の遅れでも遅延を繰り返す人は、借入可能額の減額や場合によってはカード
の解約などということにもなりかねません。

 

プライベートの人間関係でも、必ず待ち合わせ時間に遅刻してくる人というのがまれに
いますが信用は全くないですよね。

 

なぜか本人は、あまり重要な問題だと思っていないようで不思議ですが、そのように
約束を破り続けていれば個人の信用力がつかないのは当たりまえです。

 

ましてやお金がからんでくることですから、うっかりミスで遅延するというのも避け
なければいけません。

 

もちろん長い取引きの中で一度だけ、というのでしたらそこまで問題はないかも
しれません。

 

ただし一度も遅れたことがない利用者に比べると、信用力が落ちているということ
は忘れてはいけません。

 

無理のない借り入れをして、しっかりと返済をしていきましょう。

 

プロミスの返済について

プロミスでは、利用者の便を考えていくつもの返済方法を用意しています。

 

インターネットで返済するものや、プロミスATM、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、
提携ATM、コンビニ・・・、などいろいろな方法があります。

 

個人的には毎月返済するとなると、あれこれと方法を変更するのではなく同じ
返済方法で返していくことをお勧めします。

 

そうしたほうが忘れにくいですし、リズムもできます

 

私の場合は、プロミスATMで毎月返しています。
借りた時は土日の即日キャッシングをネットで申し込んだのですが、返す時は振込み
ではなく直接現金を返しにいくようにしています。

 

単なる数字の移動ではなく、実際にお金を借りていて定期的に返済をしている、という
感覚を忘れないようにしているのです。

 

金額も利息以上であれば好きな金額を返せませすが、こちらも月々の利息+一定の
金額というふうに規則的になるようにしています。

 

それとうっかりミスをなくすために、プロミスのメールで返済日前に連絡が入るように
設定しています。

 

これはプロミスポイントサービスに申込みをすれば使える機能で、うっかりミスをなくす
には便利なので利用することをお勧めします。

 

プロミスATMやコンビニ決済以外では、インターネットなどでもお金を返すことができます。

 

そして口フリ(口座振替)という方法も選択できます。

 

これは毎月引き落としされていくもので、財形貯蓄のように口座残高から引かれていくので、
面倒くさがりな人や、お金があるとつい使ってしまうという人には便利です。

 

返済さえしていれば、消費者金融と上手く付き合っていけるので計画的に行っていき
ましょう。