↓↓手続きはコチラから!↓↓
 300×250
プロミス申込サイトに移動後は、(入力内容がリセットされる可能性があるため)
20分以内にお申し込みを完了してください。

プロミスの申込みでWEBの申込みが人気!

プロミスでは、以前は自動契約機が申込みの主流でしたが、最近はインターネット
からの申込みが急増しています。

 

土日の即日融資も可能なので、安心してください。

 

ネットですべて完結することもも対応可能で、非常に便利な取引き方法となっています。
パソコンとスマホは、基本的に同じような流れとなります。

 

まずは個人情報を打ち込む前に、「お借り入れ診断」を受けておくといいです。
これはお借入診断で、生年月日と年収、現在のお借入金額合計の3つを記入
するようにできています。

 

プロミスの公式サイトにフォーマットがあるので、すぐに数字を入れてみましょう。
単純なものですが、審査に通らない人はすぐに分かるようになっています。

 

まずは年齢ですが、借入可能年齢は20〜69歳までです。
そして総量規制により、他社借入合計額が年収の3分の1以内でなければ
いけません。

 

これに当てはまらない人は、本審査にも通りませんので無駄な申込みをしなくてすむ
ようになっています。

 

この「お借入診断」によって、次のステップに進むように表示されたら申込みをします。
ネットなので24時間365日受付をしています。

 

審査は最短で30分で行われるので、他の業者よりも素早い対応が可能です。

 

審査にパスすれば、正式なキャッシング可能額を連絡してもらえます。
WEB契約の場合は、必要書類は携帯電話のカメラやスキャナなどで画像にして、
メールで送信すれば大丈夫です。

 

必要書類も50万円を超える金額を希望する場合や希望する金額と他社借入合計が
100万円を超える場合は、収入証明書が必要になってきます。

 

他社借入もなく50万円以下なら、本人確認書類だけで済みます。
通常は運転免許証で、持っていない人はパスポートでも代用できます。

 

だんだん減っていますが、携帯電話からの申込みも可能です。基本的にはパソコンや
スマートフォンと手続きは同じです。

 

WEB申込み後の流れ

インターネットの申込み後、審査に通った場合はいくつかキャッシング方法に違いがあります。

 

そこまで急いでいない場合は、そのまま振込みで融資を受ければいいと思います。
これであればどこの金融機関であっても、平日午後2:00までに契約完了すれば当日中の
借入も可能です。

 

ただその時間を過ぎていたり、土日や祝日の場合は次の営業日まで振込みが先延ばし
されてしまうので注意が必要です。

 

もしジャパンネット銀行か三井住友銀行にネットバンクの口座を開いていれば、プロミス
の「瞬フリ」というサービスを利用できます。

 

これは金融機関が休みの日でも、24時間即時振込みをしてもらえるので急いでいる人にも
便利なサービスです。

 

もしこの2つの銀行に口座を持っていなくて即日融資が希望の場合は、自動契約機に行く
ことをお勧めします。

 

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が出来ない場合があります。

 

すでに審査に通っていれば、カードの発券まですぐにできます。
そしてプロミス専用ATMからすぐにキャッシングをすることができます。

 

カードを郵送で自宅に送ってもらいたくない、という人も直接来店することはお勧めですね。
郵送される封筒にはプロミス名は記載されていませんが、それでも気になるという人は
自動契約機や店頭窓口でカードの発券をしてもらってください。

 

↓↓手続きはコチラから!↓↓

WEBで完結OK・土日の即日融資も可能!